広川絵麻さんの器。

小澄正雄さんのガラス。

鈴木努さんの木工。

矢尾板克則さんの器。

和食器の作家

浅井純介さんの和食器

浅井純介 さん織部など伝統的な技法ながら、とても洗練された形。普段の生活にすんなりとけこみ、長く愛用していただける、とてもいいうつわたちです。

石原多見子さんのオブジェ

石原多見子 さん多見子さんが作るオブジェは、自然のなかにある枯れた植物のようだったり虫の抜け殻のようだったり。自然の美しい連続性や命が抜けた痕跡のようなものを感じます。

石原稔久さんの和食器

石原稔久 さんほとんどが手びねりで作られています。ディテールにまで丁寧に手がはいった器は、ほっとするような愛すべきものたちの集まりです。

石原祥充さんの和食器

石原祥充 さんすべて薪窯で焼いており窯変がよく出て表情がおもしろい。おもに手練りでつくり、すこし轆轤のものも。土くささがありつつ、どことなく洗練されていてオシャレ。

岩田圭介さんの和食器

岩田圭介 さん思わず笑顔になってしまうような独特の楽しい形をしていて、何度も見たくなる不思議な魅力があります。手書きの線描もいい味です。

小山乃文彦さんの和食器

小山乃文彦 さんやさしくかかった化粧土が美しく、ながめているだけで穏やかな気持ちになれる粉引。月日が経つうちに貫入に色が入っていき、少しずつ変化していきます。

柏木圭さんの和食器

柏木圭 さん細部まで丁寧に作られていて、とても使い心地がいいです。ご自身でよく料理をされるとのことで、料理をつくる道具もたくさんあります。

寒川義雄さんの和食器

寒川義雄 さん貫入に色がはいっていたり古いものを模したような器など。シンプルに見えて、とてもこだわりのある器です。

杉村徹さんの和食器

杉村徹 さんノミによる削り跡が美しい木工の作品。凛としていて何年使っていても見飽きることのない美しさです。

鈴木努さんの和食器

鈴木努 さん美しくて確実なフォルムと、心地いい木の手ごたえ。長く愛用できる上質なものだと感じていただけるはずです。

田口司緒里さんの和食器

宮島司緒里 さん金属なのにすごく人懐こい気がする、田口さんの作品。金属をトントンたたいて作られていて、うっすらと細かい跡が残っているのがとてもかわいらしい。

田谷直子さんの和食器

田谷直子 さん女性ならではの配慮を感じる、とっても使いやすい絶妙な形と大きさで、毎日自然に手が伸びてしまいます。優しく自然な表情も魅力です。

鶴見宗次さんの和食器

鶴見宗次 さん精製されていない原土を使い、手びねりで作っています。ゴツゴツ、朴訥とした表情でありながら、立体的でとても緻密な形をしています。

鳥山高史さんの和食器

鳥山高史 さん細かく線や点が刻まれた繊細な印象のガラスと、槌跡がいきたステンレスのカトラリー。どちらも美しいだけでなく、とても使いやすいですよ。

西川聡さんの和食器

西川聡 さん手びねりや陶器への漆塗りといった原始的な手法を取り入れつつ、今の感性にもしっくりくる、美しいうつわ。独特の強い存在感があります。

広川絵麻さんの和食器

広川絵麻 さん若くてまっすぐな彼女が作る器は、まるで田んぼや畑から採れたもののようなたくましさと自然が感じられ、しっかりとした根の強さを持っています。

村木雄児さんの和食器

村木雄児 さんゆったりとした自然体なろくろと土のおもしろさ。食べるものはこういう器でがやっぱりいいなあと、使うたびにしみじみ思う器です。
おすすめの和食器